イメージ画像

看護師の活躍場所(病院・介護施設・保健所・訪問看護)

看護師と言えば、ナース服に身を包んで病院で働いているという姿を想像するのが一般的ではないでしょうか。確かに病院で働く看護師はとても多いですし、皆さんが看護師と接するのは病院でということがほとんどでしょうから、それもわかります。


ところが、高齢化社会の近年では、様々な看護のニーズが増えて来ており、
看護師の働く場所も病院に限らず多様化しているのです。

今回は准看護師転職の活躍場所として、どのような職場が挙げられるのかを
みていきましょう。


まず勤務地が病院の場合です。
病院において看護師は、外来患者と入院患者の対応に追われます。

医師が行う医療行為の補助をするとともに、患者の一番身近な存在として、
患者の病気への不安を少しでも和らげてあげたり、心のケアを行うという
重要な仕事を担っています。

看護師には夜勤があることも特徴で、看護師は24時間交代制で入院患者のことを観察します。また、総合病院以外にも、診療所や開業医について働くというケースもあります。もし、どうしても夜勤が嫌だという場合は、美容外科看護師求人のような特殊な職場に応募する必要があります。


次に勤務地が介護施設である場合もあります。介護施設と言えば介護職員や
ヘルパーといったイメージが強いと思いますが、今後ますます高齢化が進むに
つれ、病院の他にも看護が求められる現場が増えていくことが予想されます。

今でも多くの看護師が介護保険施設や老人福祉施設といった介護の現場に
おいて活躍しています。

このような施設では、高齢者が日常生活を送る上での健康状態を把握したり、
様々な相談に乗るなどしてケアを行っています。介護施設には看護師以外にも
ケアマネージャーや理学療法士などの専門的な知識とスキルを兼ね備えた職員が
勤務しているので、スタッフたちとチームとなり、連携していくことが求められます。

さらに保健所が勤務地である看護師もいます。保健所では地域住民に対して
病気を予防してもらうために保健指導を提供しています。また高齢者や乳幼児、
妊婦さんに対するケアも実施しています。


最後に看護師には訪問看護という働き方もあります。訪問介護という言葉は皆さんも
聞き慣れていると思いますが、近年では訪問看護も有名になって来ています。
訪問看護は文字通り、患者の自宅を医師と一緒に訪問し、患者の世話をしたり、
患者の家族に対してケアの方法を指導したりする仕事です。

このように、現在では看護師が活躍する場所がとても多くなっています。
今後高齢化がますます進むにつれ、看護師がどうあるべきかが問われて
くると思います。

認定看護師 救急看護の仕事

救急看護の分野で働いた経験のある看護師というのは、転職においても有利だと言われます。 そのため、経験しておいて損はないでしょう。

救急看護の分野での知識や経験を磨きたいと思っているのであれば、救急看護の認定看護師を目指してみてはどうでしょうか。

最先端の医療に触れられるだけでなく、緊急時にどのような対応をすれば良いのか、どう判断すれば良いのかといった非常に重要な知識を得ることができます。 対応するのは危機的な状況にある患者さんということもあり、看護師として医療の分野で腕を磨いていきたいという方からすれば、かなり魅力的な資格だといえるでしょう。

また、救急看護の認定看護師が向き合わなければならないのは、患者さんのみではありません。 不安を抱えているご家族のサポートも行っていく形となるため、高いコミュニケーション能力も必要とされますし、腕を磨いていくことができます。

救急看護の分野ではチーム医療が重視されており、医師だけでなく看護師やその他のスタッフとも連携しながら業務を行う形になるでしょう。 その中で、認定看護師が担っている役割というのは非常に大きいです。

看護師の中でも、救急看護に関するスペシャリストとして活躍していきましょう。

現在、緊急医療のニーズは非常に高まっています。 しかし、救急看護の認定看護師の数は十分と言える状態ではないため、今後はさらに増えていくことが期待されているといえるでしょう。

救急看護の認定看護師が正しい知識で、早急な対処が必要となる患者さんのケアに当たることにより、救える命は増えていくはずです。

非常に責任のある仕事を担当する形となりますが、その分やりがいも大きいので、これから看護師で活躍していきたいと思っている方は、ぜひ救急看護の認定看護師を目指してみてくださいね。

救急看護の認定看護師として活躍できる病院を探すためには、インターネット上から利用できる求人情報サイトを活用すると非常に便利です。

看護師が働く職場の人間関係について

看護師が退職する大きな理由ともいえるのが人間関係の問題です。 人間関係の問題といえば、看護師が働く職場だけでなく様々なところで問題になりますが、看護という改行は人の命に関わるということもあり責任感の強い方が多いため、衝突することが多いといえます。

しかし、人間関係の問題を理由に何度も転職を繰り返してしまうと、好条件の職場が見つかった時に採用してもらうのは難しいでしょう。 確かに看護師は転職しやすい職業ではありますが、転職回数が少ない方に比べて回数の多い方が不利になるのは当然のことですよね。

そこで、人間関係を理由に退職を検討している方に、チェックして欲しい情報をご紹介しましょう。

まず、人間関係の問題の中でどちらにどれくらい非があるかということを考えたいですね。 というのも、どの職場にいたとしても上司や同僚とうまくいかなかったの場合、自分にもある程度非がある可能性が考えられます。

それをすべて周りのせいにして自分にとって過ごしやすい職場を探そうと思うとなかなか難しいことです。

特に転職回数が増えてしまった方は慎重に上司や同僚との関係を考えていきましょう。

今の職場の雰囲気が殺伐としていてそれがどうしても苦手…ということであれば施設系の仕事をすることも検討してみてはどうでしょうか。

利用者さんのお世話をする仕事ではありますが、介護職員とともに仕事する形となるため、協力しながら温かい雰囲気の中で働けるはずです。

病院の場合は急いでテキパキと作業しなければならず、少しでも作業が遅いと怒られてしまうこともありますが、施設系であればそういった心配も少なくなります。

施設系の求人はとても多く、若い方だけでなく50代の看護師も活躍している職場です。 それに、残業が多くないというのも大きな魅力ですね。 忙しい職場というわけではないので、病院のようにバタバタ走り回るのが苦手という方も介護系の職場をチェックしてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ