イメージ画像

看護助手が行う仕事

ここ近年、医療の現場において看護師の数が足りていないという
問題が深刻化しています。本来であれば看護の仕事は看護師がメインで
行うものですが、このような看護師が少なくなっているという背景を
踏まえて1人の看護師にかかる業務の負担を軽減するために看護助手が
採用されるようになっています。

看護助手は看護師をサポートする助手であると同時に、看護内介護を行う
スタッフとして重要な役割を担っています。

それでは看護助手の仕事には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

看護助手の仕事は主に看護師の業務をサポートすることです。

看護助手は医療行為を行うことはできませんが、看護チームのメンバーとして、
看護を滞りなく進むようにし、患者にとっても身近な存在として日常生活のケア
をするという役割があります。例えば次のようなサポートを行います。


●食事の補助
患者の食事を楽しめるように手伝い、食事の摂取状況を確認します。

●身の周りの世話
爪を切ったり、顔を洗ったり、髪を洗ったり、洋服を着替える時の手伝いをします。
この際、患者自身ができることは本人になるべくやってもらうようにします。

●入浴の補助
患者さんが気持ち良く入浴できるように準備をし、入浴後には片付けます。
入浴用品はしっかりと洗って消毒もし、患者の着替えや入浴時のお手伝いも行います。

●排泄の補助
患者をトイレへ連れて行き、排泄の際に手伝います。
おむつを使っている人には取り替えたり、便器の掃除や消毒を行います。
デリケートなことなので、患者にストレスを与えないように注意します。

●環境の整備
部屋の掃除や換気、室温の調整やベッドメイキングを行います。

●移動や移乗の補助
ベッドからストレッチャーや車椅子に移動する時に補助を行います。

●メッセンジャーの業務
医師や看護師などにカルテや伝票などを渡しにいきます。
信用が必要な業務の1つです。

●その他
外来の患者さんに対して対応したり、器具等を洗ったり、片付けます。

このページの先頭へ