イメージ画像

看護師の転職に有利になる認定看護師資格

看護師の皆様の中にはスキルアップを目指している人達も多いです。 その目的の一つは転職する際に有利だからという点もあります。

なかでも認定看護師は、日本看護協会が主催する認定看護師認定審査に合格して、特定の看護分野に熟練した看護スキルと知識を総動員してクオリティーの高い看護を実践できる看護師です。 ここではこの認定看護師に関して詳しく説明をしましょう。 認定看護師は次の三種類の役割を果たし、看護ケアの拡大とクオリティの向上を目指します。

一番目は実践の役割です。 個人やご家族や集団に対し、手際の良い看護スキルを使用してレベルの高い看護を実践します。 二番目は指導の役割です。 看護の実践を通じて看護職に対して指導をいたします。 三番目は相談の役割です。 看護職のスタッフに対し相談をします。 看護師は一定のレベルを保持するために、認定後5年毎に更新審査を行う事が義務化されています。

次のようなケースが考えられます。 看護師資格を取得して病院に勤務すると新卒研修のトータル研修を受けます。 その後配属された病棟において初めは先輩看護婦について看護実務を経験します。 そして看護師としての能力をマスターしてゆきます。

数年間同じ病棟で仕事をすると、今以上にもっと高度な知識を増やして患者様やそのご家族のお役に立ちたいという志が芽生えてきます。 また毎日のハードな業務では専門知識を学ぶことが難しく感じたり、勤務する病院の代表になって専門性を高めるような指示を受けたりするのです。

こうした場合に活用されているのが認定看護制度です。 認定看護師の数は毎年増加傾向です。 今後もより一層の活躍が期待できます。 2000年の認定看護師数は409名ですが2011年には9048名になっています。

認定看護師になるためには、最低でも6か月の通学が必要になります。 職場を休んだり通学ができるエリアに教育機関がないならば宿泊が伴うケースもあります。 職場の理解が不可欠です。 近頃では病院が完全にバックアップ体制をとって、各教育機関に派遣されるシステムも導入されてきつつあります。

以上、認定看護師に関して詳しく説明をいたしました。 チャンスがあればチャレンジして欲しいですね。 間違いなくあなたのキャリアはアップして、経験値は上がり転職する場合でもかなり有利な条件が期待できます。

このページの先頭へ