イメージ画像

色んな看護師資格を取るためには

看護師として就職したり、転職する場合では看護師資格は必要になります。 国家試験や各地方自治体が実施する試験に合格しなければなりませんね。 看護師の仕事をするスタイルは色々ですが、その資格をとるためには何をしなければならないのでしょうか? ここでは様々な看護師の資格を取る為の概要を説明いたしましょう。

一番目は、看護師の資格です。 看護師になる為には高等学校卒業後に専修学校・各種学校等の看護師養成所で3年間看護に関して勉強しなければなりません。 これ以外に看護系の大学で4年または看護系の短期大学で3年間勉強する方法もあります。

准看護師から看護師になるには、看護師2年課程の進学コースで2年間学ぶコースもあります。 こういった場合は中学卒業者は准看護師としての業務経験が3年以上必要になります。 高校卒業者は業務経験がなくても入学が可能です。 いずれにコースを選択するにしても看護師国家試験に合格しなければならないのは同じです。

二番目は准看護師の資格です。 准看護師になるには、准看護師養成学校や高等学校の衛生看護科で看護の知識を勉強しなければなりません。 その後各地方自治体で随時行われる准看護師試験に合格して、知事の免許を受けなければなりません。

三番目は認定看護師の資格です。 認定看護師は、日本の保健師や助産師や看護師のいずれかの免許を持っている者でなければならないです。 そして看護師・保健師・助産師の資格を取得した後の実務経験が通算して5年以上であることが必要です。 その内の通算3年以上は特定の看護分野の経験があることが必要条件になります。

さらに日本看護協会の認定看護師教育課程を修了していること、または認定看護師の教育に適切であると認められている教育機関での6ヶ月以上の教育課程を修了していることが必要です。 または外国において上記と同等レベルの教育を修了していることが必要になります。

四番目は、専門看護師の資格です。 日本の看護師・保健師・助産婦のいずれかの免許を持っていて、下記の特定の教育を修了している者を指します。

看護系大学大学院修士修了して、特定の専門看護分野の単位を取得した者。 看護学以外の関連領域の大学院等を修了して、看護系大学大学院修士課程で必要な単位を修得した者。 外国において上記の2種類と同等レベル以上の教育を受けた者。

看護師・保健師・助産師の資格を取得した後、実務経験が通算5年以上であり、なおかつその内通算3年以上の特定分野経験があること。 その特定分野の経験のうち、1年以上は専門看護師に必要な所定の教育修了後の実務経験を含まなければならないという条件があります。

以上、様々な看護師の資格を取る為の概要を説明いたしました。 転職・就職に有利な資格は簡単には取れないようですが、目標に向けて頑張りましょう。

このページの先頭へ